おしゃれな部屋作りに必要不可欠なレースカーテン!

服を選ぶように替える

窓

人気の柄や新素材

引っ越しや新居完成の時、あるいは部屋のインテリアの模様替えをしようとする時に真っ先に考えるのがカーテンの事ではないでしょうか。窓は部屋の大きな面積を占めているので、人の目に一番に目に入ってくる部分であり、部屋の個性やセンスを決める装飾性という重要な要素があります。また、外からの人の目を遮る遮蔽性、光を遮る遮光性、断熱性、防音性など、人が快適に暮らすための機能性も備えています。カーテンには生地の構成によっていくつかの種類がありますが、一番使い勝手が良いのがレースカーテンです。レースカーテンは一般に薄手の生地を編み込んで作られたカーテンであり、ドレープやケースメントなど他のカーテンとペアで用いる事が多くなっています。レースカーテンは編み物で出来ているので、デザイン性の幅が広く、花柄や水玉模様、キャラクター柄など、複雑なデザインを生み出す事ができます。日中などは厚い他のカーテンを閉じてレースカーテンだけを使用する事が多く、また視線が気にならない窓の場合はレースカーテンだけという掛け方も好まれています。綿や麻、ポリエステル繊維などの生地の他、最近では火の燃え移らない防火性能のあるカーテンや、暖房・冷房を逃さない断熱効果のあるレースカーテンも登場して、ポピュラーになっています。レースカーテンの色といえば以前は薄い白が定番でした。最近ではブルーやローズ、ピンクなどといったカラフル色も多くなって、より一層インテリアとしての装飾性が高くなって来ています。季節ごとにカーテンを替えるだけで、部屋の雰囲気が大きく違ってくるものです。家族が集まる部屋には落ち着いた雰囲気の柄と色のカーテン、自分の部屋には好みのカーテンなど、服を選ぶように色の組み合わせや素材、スタイルを考えて、より素敵なインテリアを目指す事が実現できます。